和洋菓子のお饅頭

実家に半年に一度規制する際には、ほぼ必ずといっていいくらい
何かしらの和菓子を持って帰るようにしている。
今まではそれこそ羊羹やきんつばなど、お茶うけにいいちょっとした和菓子を選んで
買って持って行っていた。

緑茶の茶菓子にするので、饅頭も捨てがたいなと、前から思っていたこともあり、
仏壇前にお供えするにも饅頭はちょうどいいなと考えた。
和三盆の高級なお砂糖の甘さは上品でくどくなく、
口の中ですっと解ける絶妙の甘さが年齢を問わず好評だった。
でも、今年はちょっと趣向を変えて、和洋菓子もいいんじゃないかと、
青木松風庵のみるく饅頭の月化粧通販取り寄せして買ってみた。

いつも日本茶のお菓子だけれど、これならコーヒーにも合うし、
紅茶ともよく合うだろう。子供のころには、こういった少しハイカラなお菓子が好きで、
少しずつ食べるのがとても贅沢だなと思っていた。
お客さんにお出しする和菓子や、こういった和洋菓子のお饅頭なら、
手土産として買って帰るのにとても適しているなと思っている。

コメントを残す