クレジットカードを発行しようと思ったら

クレジットカードを発行しようと思ったら審査に落ちた、カードローンを申請したのに審査が通らない、こんな人は過去に金銭トラブルがなかったかどうかを確認してみましょう。
金銭トラブルといっても借金を踏み倒したとかいうだいそれたものではなくても、クレジットカードでキャッシングした時に返済が何度か遅れたとか、
口座の残高不足でクレジットカードの引き落としができなかったことがあるとか、そういったものも金銭トラブルに入ります。いわゆる金融業界でいう「事故」ですね。
返済の滞りは一番の「事故」原因になるのです。
金融機関はどこも個人信用情報センターに会員として加盟し、融資の申込みに対する与信審査を行うための個人信用情報を参照しています。
この個人信用情報には、金融機関からの融資、即日発行クレジットカード契約等の内容や、返済状況などに関する情報が記載されています。この情報は最低でも5年間は保管されます。
ですから過去に金銭トラブルのあった人は「事故者」として扱われ、融資やクレジットカードの発行契約ができない場合があるのです。
しかし、もしそのようなクレジットカードのキャッシングやカードローンでも金銭トラブルなどが身に覚えが無い場合は、個人信用情報センターに自分のデータの開示請求をしてみましょう。

コメントを残す