カードローンの返済をスタートしたら

カードローンの返済方法は、毎月決まった日に、一定額を返済していくというのが基本です。この「毎月決まった日」というのが約定日といわれるもの で、これを約定返済といいます。約定返済は特別なものではなく、あらゆるローン、クレジット返済に用いられるもので、融資する側にとっては、とても大事な ことです。約定返済の反対語が随時返済ですが、債務者がすべて随時返済するとなると、貸金業者としては計画的な経営ができなくなりますので、すべてのロー ン返済は約定返済が基本なのです。
なお約定日は、一般的に金融機関で決められているものですが、カードローンの返済では、契約時に利用者が任意で決める場合もありますし、35日ごとなどで、周期パターンを決めて約定返済する場合もあります。
し かし、効果的に借入残高を減らしていくには、約定返済だけでは不十分で、余裕のあるときなどに繰り上げ返済をすることも大事です。繰り上げ返済は随時返済 のひとつですから、カードローンは約定返済と随時返済を上手に組み合わせるというのがカードローン完済のコツということです。リボ払いカードローンは随時 返済で元金を減らすことで、利息も減らしていけます。ある程度、元金が減ってきたら今度は元金一括返済を目指します。カードローンの返済をスタートした ら、約定返済をきちんと繰り返すのが基本ですが、効果的な随時返済も視野に入れてください。

コメントを残す