スマホ歩き

スマホ歩きなる用語が最近ニュースで使われるようになりました。
昔から携帯見ながら歩いている危ない人はいますが、
こうしてネーミングを付けると注意喚起がしやすいのでしょうか。
私自身、信号の待ち時間に携帯をいじることは少なくありません。
むしろ携帯に集中しすぎて気がついたら2度目3度目の赤信号になってしまっていたこともよくあります。
ただ、歩きながらは危なっかしくて中々出来ません。

スマホを見つめていると視界が限定される為、
信号などでは他の人の足の動きを見て横断歩道を渡るか判断している人もいて非常に危険です。
先に横断歩道を渡った人が信号無視や赤に切り替わる直後だった場合、
それをあてにして顔も上げずに渡ったら車に撥ねられかねません。
スマホ歩きしている人達はきっと痛い目に遭わないと分からないのかもしれません。
私は痛い目に遭うのが怖いのできちんとルールを守ることにします。
しかし、世の中には交通事故に遭っても信号無視をするような人もいるのでどうしようもないかもしれませんが。

コメントを残す