ドクターズコスメ

私がまだ子供の頃、祖母の肌はハリがあって、年齢の割りに
若く見えることで評判の美人さんだった。確かにツヤのある、
毛穴が目立たない肌の人だったことをよく覚えている。

でも、母は祖母に似なかったのか、年齢よりも肌の老化の影響を
感じやすい。わりと若い頃、20代の後半あたりでほうれい線も目立っていたし、
頬のたるみとか帯状の毛穴の広がりなどで、見ため年齢はプラス10歳程度、
感じてしまうときもある。かくいう私も、肌質は母に似ているようで、
現在30代に差し掛かる私は、早いうちからエイジングケアをはじめようと思っている。

肌には成長因子、グロースファクターと呼ばれるものが存在していて、
これが元気で活発なうちは肌の細胞内に保持される水分量も多く、
みずみずしく、ハリのある肌が維持されるけれど、これが年齢を経るごとに
乾燥がすすんでしまう。つまりは、老化だ。
私の場合は、仕事のストレスもくわわって、活性酸素のせいで肌の老化が
早まってしまっているよう泣きがする。乱れた生活リズムも肌には悪いし。

グロースファクター、EGF化粧品を使うんだったら化粧品はジュランツと決めていた私。
皮膚科の医師の監修によるスキンケアは、年齢による肌老化を食い止めるための
保湿や肌の生まれ変わりのためのターンオーバー促進成分がしっかりと組み込まれているから、
毎日きちんと肌の手入れを欠かすことなく行えば、5年後も今の肌年齢を
キープすることが出来ていると信じて、ドクターズコスメを使っているこの頃なのだ。

コメントを残す